忍者について

2011/05/02

忍者とは、鎌倉時代から江戸時代の日本で、大名や領主に仕え諜報活動、破壊活動、浸透戦術、暗殺などを仕事としていたとされる、 個人ないし集団の名称。その名は日本国内にとどまらず7、世界的にもよく知られています。 領主に仕える隠密行動を主体とする集団。戦国時代まで、忍者は地域的に集団化した特殊な階級であり、 武士や足軽といった身分の集団とはまた別の立場にありました。農業も行っていたましたが、農産物が育ちにくい山岳部に住み、 生活費を稼ぐために他国稼ぎをしていたと思われます。有名な忍者の土地は、伊賀、甲賀、戸隠。 雑賀も、半農の傭兵集団で火薬等を用いる点では、忍者ともいえます。

忍者、忍術は日本国内各地で集団を形成していました。その中でも伊賀と甲賀は良く知られています。忍者は上忍、中忍、下忍に 身分が分かれており、上忍は伊賀では郷士で、地主として小作人である下忍を支配していた。中忍は下忍達を率いる小頭である。 甲賀では上忍ではなく中忍が最高位とされていた。実際に各地の戦国大名に雇われていたのは下忍達だったと言われている。 中世にはどの村落も軍事力を備えていたが、その軍事力は村落の自衛に用いられることもあり、また村落外の勢力に傭兵のように貸す場合もあった。外から連れてきた子供を訓練することもあり、伊賀では脱走者(いわゆる抜け忍)は探し出して処罰したと言う考えが漫画によって広まった。実際には戦国時代には忍者出身の武士も多く、抜け忍の処罰は行われていなかった。 忍者は様々な特殊訓練を行い、特殊な道具なども所持しており、この道具を「忍具」、逃走術を含む種々の技術を「忍術」と呼びます。 忍術は密教、陰陽道や、修験道の行者が用いた術とも関係があるとされ、現代に伝わる古武術には忍術の名残りが見られるものもあります。

忍具について

2011/05/01

鉤縄

鉤縄とは、忍者が使ったとされる道具。 縄の先に鉄鉤のついた道具で、足がかりの無いがけを登る時、橋のない谷を渡る時などに使用します。 武器としては似たものに錨型の武器が存在します。同じような形状のものは、捕り物道具や農民の武器などに多いようです。 忍者七つ道具の一つに数えられます。

くない

くないとは、忍者が使用した両刃の道具。漢字では「苦内」「苦無」等と表記されます。 くない手裏剣とも。サイズは大苦無(13~15cm程)と小苦無(8~10cm程)があります。 平らな鉄製の爪状になっていて、壁を登ったり、壁や地面に穴を掘るスコップとしての使い方や、武器にも使用されるなど、 現代でいうサバイバルナイフに近い装備でした。後部が輪状になっており、紐や縄を通しても使用されました。 現代のフィクション作品においては、棒手裏剣のバリエーションとして扱われることが多々ありますが、 上記のように実際には多用途に使われるものです。

忍刀

現在「忍刀(忍者刀)」として伝えられているものは、普通の打刀と脇差の中間の長さ、長脇差と分類されるサイズのものが大半です。 日本刀独自の反りは少なく、「直刀」に分類される刀身形状。鍔は大き目で角張っており、下緒は普通の刀のものより長く、 鞘は光を反射して目立たないように艶消しに仕上げられ、先端の鐺は金属製で鋭角に仕上げられていました。 これを取り外すことができるものもあり、ここに薬などを収納したり、また筒状になった鞘をシュノーケルのように使って 水中に隠れるときに使ったともいわれています。 忍刀を用いての戦い方に「座探りの術」といわれる技術があります。暗闇の中で戦う時、さやを刀の先にひっかけて相手の位置を探ります。 先に引っ掛けるので当然長さは2倍になり、この時下げ緒の端を口にくわえます。さやの先が相手に当たって外れたとき、 またはさやを相手が切り払った処で直進して刺します。さやは吹き飛びますが、下げ緒を口にくわえてあるので暗くても回収できるようです。

撒菱(まきびし)

撒菱(まきびし)とは、忍者が用いる道具のひとつ。逃げる途中にばら撒くことで追手に怪我を負わせます。 もともとは水草であるヒシの実を乾かしたものを使用しました。菱の実、あるいはそれを模したものも三角錐の形状をしており、 基本的にどのように置かれても、刺が追っ手の足を傷つけるように出来ています。木や竹から削りだした物もあったようです。 鉄製のものをイメージしがちですが、使い捨ての道具としては重く、かつ、高価で持ち運びに不便であるため、個人の使用には向きません。 持ち運びの際には竹筒に入れるのが一般的。こうしておくと振付けるようにして敵の顔面に投げつけ、武器として使うことも可能だった ようです。

五色米

赤・青・黄・黒・紫の5色に染めた米。食用ではなく、仲間との連絡の暗号に用いたそうです。

忍の六具

携帯用具。編笠、三尺手拭、鉤縄、石筆(粘土、 蝋石の筆)、薬、付竹(つけだけ 発火用具)。

黒装束について

2011/04/30

「全身墨染めの黒装束」「その中には鎖帷子を纏い、顔には墨を塗っている」「背中に刀」「夜陰に紛れて敵地に侵入する」という 印象で描かれることが多いですが、黒は夜に像が浮いて見えることから、紺色もしくは柿の熟したような色の衣装を使用していたとされます。 現存する「忍び装束」とされる物も、ほとんどが柿色系統。黒色よりも柿色の方が安価に製造できたからとする説もあるそうです。 この衣装は、元々は甲賀地方や伊賀地方で使われていた山着、野良着が元とする説がある。また、その状況に合った服装、 すなわち変装を用いており、特に虚無僧・出家・山伏・商人・放下師・猿楽・常の形の七つは「七方出の術(七化)」と呼ばれます。 また、「専用の」装束などを着用することは稀で、黒装束については、歌舞伎などに登場させる際に黒子のように観客に対して 「見えない存在であること」を表現したものが後に、現実にもそのような格好で活動していたと誤認されたとする説もあります。 戦うよりも逃げることに重点を置いていたため、通常は重い鎖帷子は着用しないようです。 漫画表現では、鎖帷子を簡略に描いたことから、 網シャツのようなものを着たキャラクターデザインに発展しました。背中に刀を背負うと動くとき邪魔になるため、通常は普通の 武士のように腰に下げるが、床下などに潜むときは狭い所でも動き易くするため、また刀自体を盾代わりとするために背負ったようです。 鎖帷子や鉄線を縫いこんだ厚手の衣服が多いそうです。

忍装束

戦闘用に山着、野良着を改良したもので、闇に紛れるため色は黒ではなく茶色に近いものを着用していたとされています。 「六尺手拭」を覆面に用いる事もあったようです。

忍術

2011/04/28

五車の術

  • 【喜車の術】
  • 相手をおだてて隙を伺う。
  • 【怒車の術】
  • 相手を怒らせ冷静さを失わせる。
  • 【哀車の術】
  • 相手の同情を誘う。
  • 【楽車の術】
  • 相手を羨ましがらせて戦意を喪失させる。あわよくば相手を味方に引き込める。
  • 【恐車の術】
  • 迷信などを利用し相手の恐怖心につけこみ戦意を喪失させる。

遁術

  • 【火遁の術】
  • 引火物などを利用し煙幕や炎上を発生させる。
  • 【水遁の術】
  • 水音を立てて相手の注意をそらす。水蜘蛛と呼ばれる道具の上に草をもり、筒のような棒状の中がくり抜かれている物を利用し 長時間水中に潜む。池や堀の両端に縄をつないでその上を移動したり、水上に厚手の布を敷き、その上を走って移動する。 向こう側に着いた時には、後を残さない。
  • 【土遁の術】
  • 土や石を相手に投げつけその隙に逃げる。暗闇を逃走中、急に地面に這いつくばり、あたかも消えたかのように追手をまく。
  • 木遁の術
  • 草木を利用し隠れたり、材木などの木材で追手を眩ます。
  • 金遁の術
  • 金目の物を撒いて逃げる。敵同士で奪い合っているようなら成功と言える。

忍犬

2011/04/27

忍者が任務中、攻撃、伝達などの手段として用いた犬のことを言います。 忍者にとって犬は有用な存在で、その忠誠心や勇敢さなどから重宝したようです。 犬はもともと夜行性であるため、遠くのものは見えにくい。ですが、夜には強く動くものには特に敏感に反応します。 また嗅覚は周知の通り抜群で人間の約100万倍。忍者の術の中には、逢犬術や合犬の法など対犬用の忍術があると言われていたほどだそうです。 史実では、居城と支城にそれぞれ犬を飼っておき城が包囲された際に伝書鳩のように手紙を交換させた例があるようです。